予想の斜め下に埋まる

小説と日記とエッセー

小説:釣りの日、まぐろの日、缶詰の日、島の日(2017年10月10日)

 「釣れない」

 状況と結果のあまりの不一致さに出た独り言がどこまでも続く黒い鏡面に静かに溶けていった。時刻は11時を回っていた。ナトリウムランプの光が背中越しに海に差し込んでいる。今度はため息が漏れた。

 久しぶりに休暇がとれたので私はある孤島へ向かった。前々から行きたいと思っていたその場所はカサゴのスポットであり、釣りに目がなかった私は今回の休みでとうとう来ることが出来たのだった。運よくその日は波と風がほとんどなく釣りには最適な環境だったので、まだ見ぬ釣果に心躍らせながら夜の堤防に腰を下ろしたのが2時間前のことだ。

 全くもって釣れない。波、風、潮、場所。どれをとっても申し分ない条件だったのでかえって私の心は大荒れだった。またとないこの機会をふいにしたくない。その一心でさらに気は急いていく。

 しかしふとした瞬間に集中力の糸が切れてしまった。私は開き直って、引きに対する反応が鈍くなると思っていたので普段は持ってきていなかった発泡酒を取り出した。一口飲むと私の意識は波間を漂い始める。つまみを持ってきていたことを思い出し、まあまだ明日があるさとあの刺身の食感を思い出しつつマグロの缶詰を手に取った。

小説:ミステリー記念日(2017年10月7日)

 つい2分前まで「我を失う」ということを経験したことはなかった。私は行く先々で「冷静な人」として通っていたし、事実、今まで感情をあらわに怒ったことは記憶にない。烈火のごとく人に当たるやからを見下してさえいた。しかし私にもそういった気質があることを承知せざるを得ないようだ。右手にかかる青銅像の重さがその認知を強く促している。そのブロンズ像は岩に静かに座るサルをかたどっていた。種類はなんだろう。チンパンジーだろうか。いや、この腕の長さはオランウータンだろう。観察を終え私が腕を下げると、逆さになったサルの頭から血が垂れカーペットにじわりと赤いしみを作った。

日記:Sourcetreeをインストールに失敗したんだか成功したんだかよくわからない

naichilab.blogspot.jp上記ページを見て「バージョン管理やっぱりいるよね」とか思い立ってSourcetreeをインストール

しようとして実行ファイルをダブルクリックしたのだが特に何もウィンドウが表示されず、プログラム一覧に表示されず起動できないまま終了。なぜか「プログラムと機能」には表示されているのでいったんアンインストールし再起動してから再び入れることに

今度はちゃんとインストールウィンドウも表示されてインストール後のメイン画面も表示させることに成功。

よかったよかったと思っていったんウィンドウを閉じてプログラム一覧を確認したらやはり入っていないことになってる。デスクトップにショートカットも作成されてなし。

もうあかん。わからん。と思ってまたアンインストール、再起動

ダメもとでもう一回だけチャレンジしたら今度はプログラム一覧にも表示され、デスクトップショートカットも作成されてた。

なんだかよくわからんが今後大きなトラブルが起きないことを祈る